10
2017

心不全の症状

心不全の症状の中の一つに肺に水が溜まることがあります。
肺に水が溜まることを胸水貯留ともいいますが、そもそも心臓が悪いのになぜ心臓ではなく肺に水が溜まるのでしょう?
全身性強皮症の他に私が治療中の胸水貯留について、少し調べてみました。

っ、その前に昨日の受診結果はどうなったかということですが、やはり、検査結果の数値は、相変わらずCREに問題あり、ヘモグロビンは9.0まで改善していたもののいまだ低い数値。そして、このところの血圧が低すぎる問題については、2種類の降圧剤を処方してもらっていたのですが、1種類は除き、もう一種類のほうは量を減らしてもらって、来週14日まで服用。14日が循環器内科を含めた定期検診日なので、この日まで服用して様子見ということになりました。

お話の続き、胸水貯留についてですが、右心不全の場合、全身を流れてきた血液が心臓の右側の部分に戻ってきた時に、右側の心臓の動きが悪い為、静脈系がうっ血します。そのため、全身に浮腫が生じて肝腫大に腹水貯留がみられ、胸にも水がたまります。 このように、心不全の左側に起こる左心不全と右側に起こる右心不全が原因によって肺に水が溜まってしまうことがあるのです。


デジタルテレコンON
P3100066a1.jpg

P3100029a1.jpg

ファンタジックフォーカスのテスト
ファンタジックフォーカスtest3
        カメラ:OM-D/E-M1   レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4xテレコン



心臓に水が溜まる病気の病名に急性心膜炎や心タンポナーデなどがあります。 急性心膜炎の症状は胸痛や胸が圧迫される感じがあり、筋肉痛や体重減少と全身の倦怠感が起こり、深呼吸や咳で増悪し呼吸困難を引き起こします。あまりに心膜腔に大量の水が溜まってしまうと心臓が圧迫されることによってショック症状を起こすことがあります。この場合を心タンポナーデといいます。

心タンポナーデには呼吸困難や奇脈と言って吸気時に収縮期血圧低下は10mmHg未満ですが、これが10㎜Hg以上となる現象が現れ進行した場合には吸気時に脈が消失したりします。頸静脈怒張、頻脈、血圧低下などが症状として表れます。 急性心膜炎については、多くは安静にするだけでも2~6週間程度で治癒していきますが、がんや膠原病などの疾患においては原因の病気を治療することが優先になります。




と、いろいろ調べていたわけですが、今日は歯医者の予約日なので、ブログは途中で下書き保存、そして気になっていた河津桜、そろそろではなかろうかと、歯医者のついでに行ってみようかなぁと。今日は望遠レンズに重きを置いて、歯の治療のことなどそっちのけ、気持ちは河津桜にメジロちゃん! 気もそぞろ!ちょっとだけなら多分、大丈夫だろうと。


行ってきました。
明日どうなってもし~らないって ウソ!
きっと大丈夫。今のところ大丈夫ですから。 (。◠‿◠。)



で、心タンポナーデのお話は、この程度でということに。
あっちへフラフラこっちへフラフラ、ま~よく気が散ることです。




ご訪問ありがとうございました。
コメント・拍手を、ありがとうございます。




 

Tag:膠原病 全身性強皮症 甲状腺機能低下症心外膜炎 胸水貯留 心不全 心タンポナーデ

2 Comments

@onorinbeckさんへ  

☆⌒(*^-°)v Thanks!!

いつもいつもお褒めの言葉を頂いて、嬉しい限りです。
今回は、ファンタジックフォーカスで写してみたらどうなるかと、
ホワァ~~~ん、ファ~~~ンって好きなんですね。

2017/03/12 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   

onorinbeck  

とっても綺麗な河津桜!
やっぱり、まみさんの写真は良いですわー!
がんばりましたね!

2017/03/11 (Sat) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment