24
2012

切実な悩み味覚障害-加えて甲状腺機能低下症、挙げ句の果てに両手首から上の腫脹

病気まみれなんですよ、この体。
味覚障害があるから、普段美味しいと言って食べていたものが食べられないし、煮物や和え物などの味付けがてんでだめで、カレーやシチューはルーを使えば味は自然とついてくるので大丈夫ですけど、何だかね~、やるせないし情けないし、食べることの楽しみがないってとても悲しい~~~

     画像クリックでオリジナルサイズの画像をごらんください
駅西地区 さんすて 駅西 さんすて
さんすて
              (RICOH GD DIGITAL Ⅳ試し撮り) 

今週月曜日は甲状腺機能低下症の薬服用開始後初の診察、血液検査の結果は前回の検査(薬服用開始前)よりも数値が悪化。何とまあお薬が功を奏してないということで、量を増やしますからということになり、また処方されたものを開始、次は来週皮膚科で抜糸があるので、そのときにまた血液検査をしようということになった。

その皮膚科、本来はこの月曜日の診察ではなかったのだけど、先週木曜日夜、両手首の痛みがひどいなと思っていたところ、明けて金曜日の朝、両方の手首から上がパンッパンに腫れて丸太ん棒みたいな手になっているではないですか。肘の下までの腫れではあるけれど、物すごく痛くて皮膚の色が赤黒くなっている。

  キジトラ ミー キジトラ ミー
   人気の高いRICOHのコンデジ、ニャンコたちはどうだろう~

金・土・日と手首の痛みを我慢して、月曜日に症状を話して無理やり皮膚科も受診した(待ち時間とても長し)。やはり、強皮症の症状のようなので生検をしましょうということになって、その検査結果と抜糸は来週月曜日。その夜には両肩の関節の痛みがひどくて、途中で目が覚めて眠られない。

何だ、この痛みは。我慢できないので、歯医者で処方されていた痛み止め服用。この痛み止め、特に白湯で服用すると劇的に効くのである。おかげでその後はぐっすり寝ることができたけど、また痛くなったらどうしよう、今度はロキソニンしかないし、皮膚科の診察は来週月曜日、膠原病の定期診察日は再来週の水曜日、またプレドニンの服用再開になるかも…

で、本日は朝から済生会総合病院整形外科と、そこからすぐ近くの駅西にある辻眼科へ。眼鏡の度が合っていなかったので、作り替えた、眼鏡の度の確認と定期診察、別に悪いところはなし、眼科はよかった。( ´o`)ロ< ホッ

なので、以前から気にかかっていた駅西地区の写真をRICOHのコンデジGR DEGITAL Ⅳで試し撮りをしてきました。これまたいっぱいいっぱい写して慣れるしかないですね。

0 Comments

Leave a comment