07
2013

秋-備中国分寺

きれいなコスモスを求めて、今日は備中国分寺まで出かけてみました。
いつものところにいつものコスモスと想像していたのですが、
今年は赤米を植えてあったからでしょうか、コスモスいっぱいの畑が見当たりません。クシュン!

コスモスは、昨年とは違う場所へ少しばかり。
だけど、傷んでいる花がフレームの中に入るので、
これもクシュン、きれいじゃないのですね。


で、取り出したのはE-M5とM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
備中国分寺の秋
パソコンに落としてみると、秋という感じなのですね~、
だけど、今日も日中は暑かった。

  画像クリックでオリジナルサイズの画像をごらんください
備中国分寺の秋 備中国分寺の秋
備中国分寺の秋 備中国分寺の秋

肝心のコスモスは? ほんの少しだけ写しました。
いつも思うことですが、同じようなパターンになってしまって、
何だかなぁ~というのが正直なところなのですね。



花びらが風でヒラヒラ・フワフワ~
一脚も三脚も使用しなかったので、失敗作の増産。
その中から、少しだけ加工してアップしてみました。


PA076550m.jpg PA076548 150㎜_m PA076582s.jpg

PA076570a_s.jpg

お花のマクロは大好きなのですが、同じようなものばかりになってしまって……
少し違った角度から、違ったものを写してみるのもよいかもしれませんね。
でもねぇ~、お勉強不足なのですよ。

情けない話ですが、やはり出歩くと体に負担がかかるようで、
ベッドの上でバッタンQ~~、2時間ほど、自分のを聞きながら、寝てました。
~? 色気のない話ですよね。) (*^m^*)





Tag:備中国分寺

9 Comments

@もばしゃんへ  

はーい!

>レンズの種類を選んで、主題にしたい被写体の後ろや前に邪魔になる物が有ったら、絞りでぼかしたり位かな?

もばしゃん、ありがとう。
余り思い悩まずということなのですね。このところエネルギー欠如気味ですが、少しずつでも頑張ってみようと思います。

>構図や見せ方の泥棒をしに??

泥棒? アハハ!
でも、実際、そうなんですよね。
HPを初めてつくるとき、素敵なHPのソースをお借りして、何度も何度も勉強したものでした。いかに上手く真似できるか、そして真似ができるようになったら、いかに自分のものをにしていくかということでしょうか。

2013/10/09 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   

もば爺  

悩み??

>風景をどのように写したらいいのか、迷いながら、悩みながら写しているというのが本音です。

 それはねぇ・・・あまり悩まない事かな??私の撮り方が良いか悪いかは人様に判断してもらって・・・。

 私の場合は、景色を見て「良いなぁ・・・」と思ったら、「どの場所が良いのかな?」と・・・(小中学校の時、絵を描く時手でフレームを作ったように)決めて、レンズの種類を選んで、主題にしたい被写体の後ろや前に邪魔になる物が有ったら、絞りでぼかしたり位かな?
 構図・構図ばかり考えていると、シャッターが押せなくなりますよ。
先ずシャッターを押す事・・・反省は??その後で考えて・・・次に生かすつもりで・・・。
 その辺は気楽な爺、反省したことすら忘れて、また同じ失敗を繰り返すという・・・位で良いのかも?

 あと・・・写真集等を見たり・・・そうそう、倉敷の大原美術館へは良く行っていました・・・構図や見せ方の泥棒をしに??また、生花展へも良く行って・・・。

2013/10/09 (Wed) 14:44 | EDIT | REPLY |   

@もば爺さまとkunちゃんへ  

もばしゃ~ん&kunちゃ~ん

>でも稲穂の広がる景色は大好きだよ。。

>黄金色に浮かぶ五重塔、この景色、備中国分寺で一番好きな風景です。

ありがとうございます。
お花のMacroばかり写しているものですから、風景をどのように写したらいいのか、迷いながら、悩みながら写しているというのが本音です。
そのような中で、この写真を少しでも愉しんで見ていただけたら、とても嬉しいことです。できる限り、無理のない範囲で研鑽を積みたいと思います。(ちょいとオーバーでした)

2013/10/09 (Wed) 09:13 | EDIT | REPLY |   

@もばしゃんへ  

一句は・・・のお返事

う、う~ん、さすがもばしゃん!
お二人で、こちらでいろいろお話してくださいませ~ (*´◡`*)

>となると・・・人の噂なんかどうでもいい??五重塔の中で待つ人に??誰??
アハハ、もばしゃんの↑が また愉し!

2013/10/09 (Wed) 09:09 | EDIT | REPLY |   

@kunちゃんへ  

もば爺さまへのお返事

>もば爺っちゃなら一首出て来んだろけど

うんうん、kunちゃんもそう思うでしょ?

2013/10/09 (Wed) 09:05 | EDIT | REPLY |   

kun  

もば爺さまへ

やっぱし、爺さまだなぃ!
和歌や源氏開くと3行目で寝ちゃうオイラにゃ
縁遠い世界ざんす。。

でも稲穂の広がる景色は大好きだよ。。

2013/10/08 (Tue) 18:09 | EDIT | REPLY |   

もば爺  

一句は・・・

 年取るとねぇ・・・感受性が薄く成るのか、一句なんて直ぐには??鯉でもすれば多感に成るのかな?しかし、この年じゃぁ。

 で、雰囲気としては・・・万葉集、”秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛くありとも(あきのたの ほむきのよれる かたよりに きみによりなな こちたくありとも) 「但馬皇女(たじまひめみこ)」かな??
 となると・・・人の噂なんかどうでもいい??五重塔の中で待つ人に??誰??

 黄金色に輝き綿雲の流れる景色、奈良時代の人は何を思っていたのでしょうかねぇ。
「まかねふく、まかねふく」で吉備王朝の繁栄、穏やかだったのかもしれませんねぇ。

 黄金色に浮かぶ五重塔、この景色、備中国分寺で一番好きな風景です。
青い空に流れる綿雲、良いですねぇ・・・当分行ってないけど、目に浮かぶよううです。

2013/10/08 (Tue) 15:11 | EDIT | REPLY |   

kun  

この田畑は、

清盛や毛利の頃からそのままかねぇ、、
国分寺もあるし
きっと歌詠みされたんだろな。。

もば爺っちゃなら一首出て来んだろけど

2013/10/08 (Tue) 11:08 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/08 (Tue) 11:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment