15
2014

重い問題であるけれども

CATEGORY日々徒然

逆縁の不幸

何度か人の生死の逆縁に出会ってきました。
私の場合、14年前に急逝した次兄を見送った悲しい思い出があるのです。
そのときの母の悲しみは、このまま母は狂ってしまうのではなかろうか、この悲しみから抜け出すことができるであろうか、母の悲しみも苦しみも、筆舌に尽くしがたいものがありました。

のところ時々訪問しているブログがあります。
親しくおつき合いをしているとかという間柄の方ではありませんが、そぉ~っとそっと応援をしています。
昨日、その方のブログに「君よ」という言葉から始まる逆縁を悲しむ内容が書き込まれておりました。

近しい間柄の方のことなのか、それともご子息のことなのか、
よく分からないところがありましたので、お悔やみの言葉のみ記入して立ち去りました。
落ち込んでいらっしゃるのではないかと、立ち去っても気がかりではありました。

    画像クリックでオリジナルサイズの画像をごらんください。
駿河台匂Ⅱ 普賢桜 鬱金桜2
     駿河台匂           普賢桜            鬱金桜


運命とは非情なもので、何もかもが順番にうまくいくとは限らない。
長い一生の間には、想像していないことが現実として起きることがあるのですね。
私の娘のことについても、逆縁になる可能性は大であり、覚悟しておかねばならないことであります。

でも、現実は覚悟とは違うのですね。
覚悟していても、実際そのようになった場合、耐えることができるだろうかと、
このごろ時々思うことは、病気の我が身のことよりも、このことなのですね。

重い問題であります。
この一、二日、いろいろなことを考えさせられました。

今日は、お庭に花の定位置を決めるべく、ちょっと作業。
でも、そのちょっとの作業がしんどいのですね~
こういうときは、私は病気なのか、悔しい~~って。

ちょっぴり疲れました。
今夜も早めにおやすみします。
 バッタンQ~   。。。(* _ _)o




    -惜別の唄-


   ご訪問ありがとうございました。
   よい一日をお過ごしくださいね。


dejiburabbs.png にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ
ランキングに参加しています。
いつも押してくださってありがとう ♪

0 Comments

Leave a comment